全員で戦い抜こうぜ!

ども、こでぞーです。

今シーズン初の2戦連続のホームチャレスタです。

2019.07.06
プレナスチャレンジリーグEAST
第13節 つくばFCレディース vs ノルディーア北海道
ここから、ここから(レディース第13節)
in セキショウ・チャレンジスタジアム

チャレスタに到着して空を見上げてみると ”ザ曇り” 的な空模様。

でも雨の気配はなく、湿気も高くなく、観戦には最適なコンディション。

-----
さて、我らがつくばFCレディースは、今節を入れた残り3戦の時点で、

3位北海道と5位新潟との勝ち点差がそれぞれ1点ずつで大混戦の真っただ中にいる状態。

こんな風になるなんてシーズン前には予想だにしていなかったけど、

ここまできたら、キッチリ戦って望みうる結果が欲しいところ。

チームの今年の目標は、”リーグ上位入賞” だけど、

PEACS的は望みはただ一つ

”レギュラーシーズンで残留を決める!”

これに尽きます。

その意味でも今節の北海道戦は大事な戦いの1つになるので、

きっちり勝ち点3ををゲットして、残り2戦を有利に進めて欲しいところ。

-----
ところで、その北海道との今シーズンの対戦戦績は、1分1敗。

前回の対戦では、1点先制されるも追いついて、さらに勝ち越す攻めを繰り広げていたものの、

勝ち越されてしまった後は緊張の糸が切れたような感じで失点を重ねてしまった試合。

相手は繰り返し前線に放り込んでくるサッカーをしてきそうなので、

しっかり跳ね返して、開始10分をきっちり乗り越えてしっかり点を取って欲しいところ。

-----
時間を追うごとに全貌が見えてきた筑波山と共にキックオフ!

ここのところの課題としている開始10分の守備に着目していると

3バックをはじめディフェンスの機能がしっかりしていてここ数戦にはない安定感がある感じ。

20分、30分と経過していてってもそれは変わらず、失点の臭いはしない感じ。

攻撃はと言うと
どうにも攻め入ることが出来ず、ペナルティエリアが遠い感じ。

お互い堅牢が守備で野球で言えば投手戦みたいな感じで先に進めない、そんな印象。

このままハーフタイムに突入かと思い始めた

前半40分
クッー、流石!

スローインからのリスタートで相手にペナルティエリア左側を鋭くえぐられ、

ゴールライン際からセンタリングを上げられそう!と思った瞬間、相手選手が倒れ、

おや!?と思っているとレフリーが後ろから押したと言う判定で、PKに。(マジか)

前半終了間際でのPKはタイミング的には痛いところだけど、

我がチームには絶対的守護神の GK #1 中橋 まりな がいるので、まりなに全てを託す。

ペナルティマークにボールがセットされ、まりながお~きく手を広げるのを見て、

「んっ!?、これってどこかで見たような・・・」

そう、このシチュエーション、GWの最終日の第4節の札幌での試合と全く同じ!

その時もPKを取られて絶体絶命のピンチだったけど、しっかり弾き返してた、

それを思い出した瞬間、こでぞー的には

「これはまりなが勝つな!!」

と自信満々で見守っていると、

あの時と全く同じような感じで、まりなが左に跳び、しっかりボールを抑えゴールを許さなかった。

さすがまりな!PKに強い!

まりなの活躍もあり、前半はそのまま 0-0 で終了

-----
相手も3位を死守しようと精一杯のプレーで隙を見せないため、なかなか打開策が見いだせない、そんな印象。

とは言っても絶対チャンスはあるはずだから、しっかりものにして欲しい。

-----
1点勝負になる予感の中で、後半開始!

立ち上がりの戦い方に注目していると

後半9分
またしても。。。

センターサークル付近から放り込まれたボールにバウンドが合わず

ペナルティエリア内にボールが行きDF陣がクリアに手間取っているとクリアミスで1点献上。

ここまで攻撃のリズムが合ってなくてゴールゲットの臭いがしないだけに痛い失点ではあるけれど、

ワンチャンスは絶対あるはずなのでそれを期待していると、

後半35分
最大のチャンスが。。。

#9廣田が相手のCBに猛烈なプレッシャーを繰り返ししかけていると

つくばの左サイドで相手のミスを誘いボールカット。

そのままドリブルでGKとの1対1に持ち込み、GKの頭上目がけてショート!

鋭いシュートだったけど相手GKに弾かれ惜しくも得点ならず。

中央から#14 亀井も詰めていただけにホント惜しかった。

これ以降は選手全員で果敢に攻めるものの逃げ切りを図る北海道に守りをしっかり固められて

得点チャンスはなく、そのまま 0-1 でタイムアップ。

----
攻めてはいたものの、最後の一線を押しきれずに悔しい敗戦。

負けたのは悔しいけれど、最後まで攻め続けたのは次節に絶対につながる、そんな印象。

----
5戦ぶりの敗戦で勝ち点を積み上げられたかったつくばは15点のまま。

翌日の試合で新潟も敗戦となったため、

3位北海道(勝ち点19)、4位つくば(勝ち点15)、5位新潟(勝ち点14)となり、

北海道を上回るのは厳しくなったものの、まだ4位は自力で達成できる状況。

ちなみに、最終節の直接対決を控えた両チームの次節の対戦カードは、

つくば→アウェイで十文字(1位)と対戦。新潟→アウェイで福島(2位)と対戦。

両チームともアウェイで上位との対戦が組まれているけど、

相手の勝敗に係わらずここは勝って勝ち点を積み上げて欲しい!

と言う事で次節は、その十文字VENTUSと対戦。

前回の対戦では2点先制し、2点追いつかれ、終了間際に突き放して勝ったけれど

相手はEASTの1位通過が掛かった試合だけに厳しい試合が予想される。

こでぞー的には#11内田に前からガンガン行ってもらって、

十文字戦に強い#7 原島 と#10 豊嶋がドカーンと決めてくれるのを期待してます!

粘り強く戦って必ず勝利を!

-----
さて、今節のMIPは

Gk #1 中橋 まりな

です。(3回目)

負けてはしまったけど、今節もしっかりやってくれたまりな。

ホント「神様、仏様、まりな様」って感じで頼りになる。

まりなはチームの勝ち負けとは別に、毎試合自分の納得いくプレーが出来たかどうかの拘りがあって

己に厳しい姿があるだけに、こでぞー的にはすごく背中を押したくなる選手の1人。

毎試合、円陣の後に声をかけるのも、そう言った気持ちを込めて励ましている感じ。

ここからの2戦は、これまで以上に厳しい戦いになるとは思うけど、まりなの力が絶対必要だから一緒に残留決めよう。

「まりな次節も頼んだぞ!」


以上、こでぞーでした。

同じカテゴリー(PEACS)の記事画像
相性いいにしても凄い!(レディース第14節)
あともう一歩!(レディース第12節)
ジェットコースターサッカー(レディース第11節)
十文字スイッチ オン!!(レディース第9節)
レディース第8節
強くなればいいのさ!(レディース第7節)
同じカテゴリー(PEACS)の記事
 相性いいにしても凄い!(レディース第14節) (2019-07-16 23:24)
 あともう一歩!(レディース第12節) (2019-07-02 19:34)
 ジェットコースターサッカー(レディース第11節) (2019-06-25 20:04)
 十文字スイッチ オン!!(レディース第9節) (2019-06-11 20:32)
 レディース第8節 (2019-06-04 20:55)
 強くなればいいのさ!(レディース第7節) (2019-05-28 15:55)
Posted by PEACS at 21:42│Comments(0)PEACSつくばFCレディース
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
PEACS
PEACS
サッカーチーム「ジョイフル本田つくばFC」(関東サッカーリーグ1部)および「つくばFCレディース」(プレナスチャレンジリーグ)の応援団・サポーターグループです。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人